見せ方、、、
次郎丸なりの・・・
見せ方というのが有りますよね?

え゛?聞くな?

いやぁ、〝芸〟というモノについてアレコレ思うのですよ。
毎度の事ですが、とりあえず〝芸〟という漢字について調べてみました。
結果・・・余計わからなくなってしまいました。
〝芸・げい〟は〝藝〟で、
〝藝〟は〝埶〟で、
〝埶〟の部首は〝土〟で、
土に人がひざまづいて植物を育てる様子を現すのだそうだ。
画数が多くて書くのがめんどっちいので簡略化してあるのだそうだが、
困ったことに〝芸・うん〟と言う文字が別にあり、
こちらは草を刈るという意味があるそうだ。
で〝藝〟の意味は『雑草を取って手を加えて栽培する。形よく仕上げる。』
から転じて、技術とか技になるのだそうだ。
なぁんかさぁ、、、違うよね?
聞くな?(笑)

艸に言う、と書いて〝芸〟
〝艸〟はたくさん並び生えた。
では〝言〟と〝云〟の違いとは?
ここにも疑問が有るのです。
〝言〟ははっきり言う、
〝云〟は口ごもってもごもご言う、
のだそうだ。

な?解らんくなったじゃろぉ?(笑)

思うに・・・
〝芸〟のくさかんむりをそこに居るたくさんの人に置き換えて、
たくさんの人に言葉以外の何かで伝えること、
ではないかと。
『好きだ!』と言う思いを音楽や絵などに込めて伝える、
・・・ってことなのでは?

で、タイトルなんじゃったっけ?(汗)

先日、東志和で5年生の演奏を見せてもらった時に、
今迄ジブンが思ってきた太鼓とはまるっきり違うその表現方法も、
そういうのも有りなのか、と。
和太鼓で伝えたいもの・・・
それが『元気』ならそれも良いのかな?と。

拍手[1回]


2016/05/15 01:12 | Comments(0) | ブツブツ、、、

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<まぁ、そういう面では、、、 | HOME | 東志和小、、、>>