ひがしひろしま次郎丸太鼓♪たかっちの、 気まま、わがまま、なすがままweblog!
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34
2007/05/18 (Fri)
物の本によりますと
バチと言う字は“桴”と書くのが正しいみたいです。
変換してもimeは“撥”としか出ませんが・・・

さて、たかっちさんはバチをよく折ります。
今締め太鼓用に使っているカエデのバチもですが、
樫の長胴用のバチも折ったことがあります・・・(◎_◎;)
他のメンバーがどれくらい折っているのか解りませんが、
多分次郎丸でも一、二位を争っているはずです。(エッヘン!!)
『わしってもしかして、太鼓たたくん下手なんかなぁ、、、』と考えたこともありましたが、目標とする“和太鼓総”の合宿レポートで一日の練習で折れたバチの山ができました・・・と言うのを見て、
『そっか、上手な人でも折れるんじゃ・・・』と自信(?)を持った次第です。

これまで使ったことのあるバチは
ホウ、樫、檜、カエデ、タブ、樺・・・などなど。
それぞれ特徴があって良し悪しをつけることもないんですが。
締太鼓をたたく時にホウとカエデを使ってみる・・・
ホウは『ぽこぽこ』っとした丸い、柔らかい音がします。
カエデは『きんきん』した硬い、鋭い音。
メイン曲である次郎丸太鼓は5人で打つ三丁掛と、1人で打つ五丁掛と二種類の締太鼓を使います。
三丁掛の打ち手は今、女性が多いので大きい音が出るように「カエデで打ってみたら?」とお勧めして、実際何名か使ってます。
うちの三丁掛はボルト締めなんですが、みなさんキチキチに締める傾向があるようで、さらにカエデバチなので『カキンカキン』いってるんですよね。

今日は稽古のときに『いろんなバチで打ってみよ~~♪』をします。
この辺も聞き分けられると良いですが・・・

おっと!
今調べてみましたところ、
琴や三味線を弾くバチは“撥”で、
太鼓をたたくのは“桴”なんだそうです。
ふ~~ん、、、なるへそ。。。

拍手[1回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 新曲。。。■ HOME ■ テクニック、、、 >>



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
■ カレンダー ■
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
■ 最新CM ■
[11/21 たけとも]
[11/20 たかっぽ。]
[11/19 たけとも]
[11/28 三郎丸さん。。。]
[11/27 たかっぽ。]
■ プロフィール ■
HN:
たかっち。
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/07/14
職業:
パーマ屋さん。
趣味:
夜run(謎)
自己紹介:
カットが出来る、太鼓打ち!!
■ カウンター ■
Designed by TKTK
PHOTO by Metera